スマホが水没しても自力で復活!?水没時の対応

スマホが水没!自力で水没復旧させる方法

もし、スマホを水没させてしまった時は慌てずに、まず水分を拭き取りましょう。
スマホの隙間に、水分が溜まっているので、タオルで包んだ状態で少し時間をおきましょう。だいたい、半日程おいておくと良いです。
タオルでしっかりと水分を吸収した後は、水没反応が、出ているかを確認します。
水没反応というのは、水没しているかを確認するもので、だいたいは、SIMトレーや電池パックなどの中にある、紙切れが、水没していると、赤く変色しています。
もし、水没反応が出ている場合は、完全に乾かさなければなりません。
そこで、有効となるのが、ドライヤーです。ドライヤーで乾かすときは、スマホ全体に風がまんべんなく当たるようにしましょう。そうすれば、水没復旧出来るかもしれません。
ドライヤーで乾燥させる時に注意したい点は、熱風を使っては、ならないということです。
スマホは精密機械のため、熱に弱いです。乾かす時は冷風を使うようにしましょう。

水没した時に絶対にしてはならないこと!

水没した直後に電源をいれてはいけません。水没直後は壊れているか確かめるために、ついつい電源をいれようとしてしまいます。しかし、これをしてしまうとショートしてしまい、壊れる原因になってしまいます。
また、水没後に、水を抜くために、スマホを振ってしまうということがあります。しかし、これを、してしまうと、無事だったところにまで、水が侵入してしまいます。なので、スマホを振るのは、絶対にやめるようにしましょう。

スマートフォンは大変便利なものとして日常生活において必須となっています。故障した場合、最短最速でのスマホ修理が求められます