併用しよう!新入社員の研修のeラーニングとセミナー

新人研修に役立つeラーニング

新年度の新人研修を行うときには以前からセミナーの実施による教育がよく行われてきました。その需要こそ失われていないものの、内容によっては効率的に行えるものとして着目されているのがeラーニングです。eラーニングはシステム上にテキストとテストを用意しておき、新入社員がシステム上でテキストを読んだ上で理解度をテストを通して評価するという方法で行われています。eラーニングを利用すると新入社員を一箇所に集める必要がないことに加えて、テストによって確かな理解を促すことが可能です。このメリットに着目してeラーニングを積極的に導入する企業が多くなってきました。高い学習効果が得られる点で優れている研修方法となっています。

eラーニングはセミナーと併用

全面的にeラーニングに新人研修を切り替えることもできますが、実際にはセミナーと併用するのが効果的です。確かな理解を促さなければならないルールや知識に関する研修を行うのにeラーニングは適しているものの、弱点もないわけではありません。個人が個々に行うことになるため、企業への帰属意識を持たせることができないというデメリットがあります。その点で優れているのがセミナーであり、新入社員を一堂に会する機会を与えることで互いを認識し合うことができ、さらにグループワークを行えばコミュニケーションも促すことができるのです。企業のトップがセミナーを実施することで企業への忠誠心を高めることも可能であり、セミナーをうまく併用するのが効果を上げるためには必要になります。

企業の業態の変化に伴って配置転換を行うときには、早期に社員研修を実施することが重要です。新しい職場での仕事を流れを中心に学ぶのが、研修を受ける時の一番のテーマです。