夜道を明るく照らしてくれる街灯

夕方になって辺りが薄暗くなると点灯する街灯、現在ではLED電球を使っている所が増えています。一昔前は蛍光灯が使用されていましたが、蛍光灯の街灯が登場する前は白熱球が主流でした。街灯は夜道を明るく照らしてくれるもの、夜遅く帰宅する時でも足もとが明るくなっているので安全性の確保が出来ます。蛍光灯が主流になっていた期間が長いなどからも、現代の若い世代の人々は白熱球の時代が存在していた事を知らない人も多いのではないでしょうか。街灯は辺りが薄暗くなると点灯する仕組みになっていますが、白熱球が街灯として採用された時代の中には電信柱にスイッチが付いていて、家の前にある街灯のスイッチを入れるなどして生活を送っていた時代もあります。今ではセンサーが明るさを感知して点灯や消灯させる便利な機能が備わっています。

定期的な交換やメンテナンスが要らなくなる

白熱球から蛍光灯、そして現代のLEDに街灯は変化しています。街灯を管理しているのは行政などの道路管理者や商店街と言われています。夜道を安全な状態で歩けるようにするのが街灯の役割、白熱球などの場合は寿命が短いので、交換頻度も高くなりますし、蛍光灯についても寿命が近づくと点灯と消灯を連続的に繰り返すような状態になってしまいます。球切れや蛍光灯の点滅は早目に交換をする必要があるわけですが、交換をするのは行政や商店街などであり、定期的な交換およびメンテナンスが必要不可欠です。その点、LEDは寿命が長い上、省エネ効果を持つ照明器具などからも、街灯にLEDを採用する事は保守に掛かる費用や電気代の削減などの効果を期待出来るようになるわけです。

ledパネルとは高輝度な白色ledチップを、パネル側面に配置した光源でライトアップするものです。ledを使用しているため明るく、長期間使用することが出来ます。