Webサイトを作る?それならスマートフォンにも対応しよう!

スマートフォン用のWebサイトが必要な理由

パソコンで見るためにWebサイトを作ると、スマートフォンでは見にくいケースが多々あります。パソコン用モニターとスマートフォンのディスプレイの大きさは違うため、当然のことと言えるでしょう。下手をすると文字が小さすぎて、まったくコンテンツが読めないケースすらあります。もちろん、スマートフォンには拡大機能がついているため読めなくはありませんが、利用者に手間をかけさせることになります。そうなると、読む前にWebサイトから退出してしまう可能性があるので気をつけたいポイントです。現在では、簡単にスマートフォン用のWebサイトを作れるので、パソコン用と一緒に用意するのはそれほど大変ではなくなっています。今はまだパソコンの利用者が多いとしても、いずれスマートフォンの利用者が増えるかもしれないため、早い段階での対応をおすすめします。

スマートフォン用のWebサイトの作り方

スマートフォン用のWebサイトといっても特別なものではないことから、パソコン用と同じように作ることができます。ただし、スマートフォン用にフォントサイズやコンテンツの配置を変える必要があります。もし、2つもWebサイトを作るのが面倒なら、パソコン用からスマートフォン用にソフトウェアを使って変換してしまいましょう。それならパソコン用を作れば、自動的にスマートフォン用もできあがることになります。また、レスポンシブデザインで作成されているテンプレートを利用する方法もあります。レスポンシブデザインのテンプレートなら、アクセス端末によってデザインを変えて表示できるため、スマートフォンでも問題なく見ることが可能です。

スマートフォンWebサイト制作においては、フォントサイズや画像の大きさや配置の仕方が大切です。閲覧のしやすさに大きく影響するので要チェックです。